マフラー固定ボルトの交換

マフラー交換に備えて、ステンレス製のボルトに交換しました。

bolt_01.jpg まずは遮熱板を外します。3箇所のボルトを外します。錆が酷いのでCRCを吹きつけておいてから作業します。比較的簡単に外れました。

当然ですが、マフラーが冷えている状態で作業して下さいね。金属は熱で膨張しますので、冷えていた方がボルト類は緩み緩め易いです。
bolt_02.jpg 左側が触媒です。取り付け部の錆が酷いです!
ボルトをねじ切らないようにCRCをたっぷり吹き付けます。
bolt_03.jpg う〜ん、ちょっと心配ですね(^_^;;
でも、問題なく外れました。使用する工具は、安物を使わずKTCのような精度の高い工具を使って下さいね。最悪、ネジをなめてしまい、外すのが一苦労!なんて事になりかねませんから。
bolt_04.jpg これが用意しておいたガスケットとステンレス製のボルト&ナットセットです。
bolt_05.jpg 新品のガスケットを入れてステンレスのボルト&ナットで固定します。これで錆によるボルト破損の可能性は少なくなります。
bolt_06.jpg 別角度から。今回は余裕を持たせる為に長めのボルトを選びました。
bolt_07.jpg マフラーエンドも交換しておきます。
これで後日交換予定の触媒−マフラーエンド間の作業性が楽になるでしょう。

92GT Reportのページに戻るよ。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー