マフラー交換

91カロセダに装着していた五次元ボーダー304を92GTに装着します。
触媒以降から交換できるのは確認できてますが、かなりの爆音が予想されたので、
とりあえずリヤテール部のみの交換です。

純正vsボーダー304 純正マフラーの取り外しは、ボルト2本を外して3箇所のマフラーリングからステーを抜き去るだけです。

で、外した純正タイコとボーダー304を比較!
サイズが段違いです(☆o☆)
同時にかなりの軽量化になってますよo(^-^)o
純正vsボーダー304 純正デュアルテールもいいのですが、やっぱりファンネル形状の方が格好いいです!!
純正タイコ こちらは純正タイコ取り外し前。
ボルトを外した状態なので、ちょっと右に下がってます。
ボーダー304 で、ボーダー304に交換すると、こーなります!
いや〜、すっきりさっぱりって感じですかね?
ボーダー304別角度! 別角度から。当たり前ですが、どこにも干渉しないです。
接続部のステレス製ボルト&ナット 純正パイプとの接合部。ボルトはステンレス製を用意しておきました。

純正タイコの場合、タイコのフランジ側にネジが切ってあって、ボルトで固定するのですが、ボーダー304等の社外マフラーはボルトとナットで固定します。
大変形のマフラーリング マフラーリングがかなり引っ張られてます。
でもちぎれなければ大丈夫!気にしません!
折れたボルト・・・ あーやちゃいましたね〜(^_^;;
純正タイコを外す時に、ネジが折れてしまいました。折れた残骸はタイコのフランジ内に残ってます。車検時までには穴加工しておかないとです。

92GT Reportのページに戻るよ。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー